保存容量UP!フォルダごと選択して簡単送信できる専用ツールも!宅ふぁいる便ビジネスプラス(有料版)
宅ふぁいる便 > 連載企画TOP > エンタメ
このエントリーをはてなブックマークに追加
 7年ぶりの新作となる月9ドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)が好調に推移している。前作からのブランクをものともせず、視聴率は初回16.3%を獲得し、以降も平均2ケタ半ばをキープ。オリコンの週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』の視聴者満足度調査「ドラマバリュー」でも90点台という圧倒的な支持を得ている。新たな局面を迎えた主人公らの人間ドラマはもちろんだが、やはり注目は日本で唯一ドクターヘリを題材とした医療シーン。1stシーズンから監修を務めているのは、国内のフライトドクターの第一人者である日本医科大学救急医学教授の松本尚氏だ。同氏に、医療監修の成り立ちをはじめ、シーズンを重ねるごとに“進化”してきたという「コード・ブルー」ならではの監修方法について伺った。...続く【記事全文を読む】


『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)第5話より (C)フジテレビ

記事検索(スペース区切りで複数ワード検索ができます)


提供: ニュース提供に関するお問い合わせ⇒こちら