保存容量UP!フォルダごと選択して簡単送信できる専用ツールも!宅ふぁいる便ビジネスプラス(有料版)
宅ふぁいる便 > 連載企画TOP > 音楽
このエントリーをはてなブックマークに追加
6月4日(月)のパシフィコ横浜国立大ホール公演から始まった、けやき坂46の東名阪5都市10公演45,000人規模のツアー『「走り出す瞬間」ツアー2018』が7月9日(月)10日(火)に幕張メッセイベントホールでファイナルを迎え、2日間で14,000人のファンと共に笑顔で完走! 最終日はWアンコール含めて24曲を歌い、大成功を収めた。 このツアーでは、6月20日にリリースしたデビューアルバム『走り出す瞬間』に収録されている18曲の新曲を初日から余すことなく披露。アルバム収録の新曲「ひらがなで恋したい」から始まったライヴはスタートから大歓声の熱気に包まれる。 キャプテン佐々木久美は序盤のMCで“幕張ファイナル楽しんでますか~? このツアーもあっという間で、最後で悲しいのですが、楽しみましょう”と語り、他のメンバーは“大切なアルバムのツアー最後なので、日本で一番ハッピーな時間を過ごしましょう!”(加藤史帆)、“このツアーが本当に最後だから、明日動けないくらい出しきります。皆さんも明日動けないくらい、体クタクタになるくらい盛り...続く【記事全文を読む】






提供: ニュース提供に関するお問い合わせ⇒こちら