保存容量UP!フォルダごと選択して簡単送信できる専用ツールも!宅ふぁいる便ビジネスプラス(有料版)
宅ふぁいる便 > 連載企画TOP > 音楽
このエントリーをはてなブックマークに追加
6月23日の名古屋MID。この日に行なわれたのはイケメンダンスヴォーカルユニット“Rush×300”のワンマンライブだ。Rush×300のメンバーはアクロバット兼リーダー担当の結城伽寿也(ゆうき かずや)、メインボーカルの長島翔平(ながしま しょうへい)、ラップ担当の小笠原慶顕(おがさわら よしあき)、ムードメーカー担当の千葉良祐(ちば りょうすけ)、ヴィジュアル兼デザイン担当の有働拓磨(うどう たくま)の5人。 本公演は『Rush×300 The Tour2018「喜・怒・哀・楽」~「喜」in NAGOYA~』と題し、Rush×300初の三大都市ツアーの1発目のライブとなった。ツアーはRush×300初のミニアルバム(ダウンロードカード)とリンクしており、アルバム収録曲をメインとしている。彼らのワンマンライブを観に、北は北海道、南は九州と全国各地からファンが集まった。大興奮のまま成功を収めたライブをレポートしたい。 SEが流れると会場はカラフルなペンライトが光り始める。“ツアー初日1発目名古屋盛り上げれますかーー!”...続く【記事全文を読む】



提供: ニュース提供に関するお問い合わせ⇒こちら