保存容量UP!フォルダごと選択して簡単送信できる専用ツールも!宅ふぁいる便ビジネスプラス(有料版)
宅ふぁいる便 > 連載企画TOP > ぐるなび
このエントリーをはてなブックマークに追加
3月16日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、五街道の1つである中山道を歩きながら、今昔の美味いモノを巡る旅の中で、藤吉久美子さんが「福島家」(東京都豊島区)を訪れた。 こちらは1861年(文久元年)に創業した和菓子店で、店内には様々な和菓子が目で見て楽しめるように飾られている。番組では「さくら導明寺」(180円/税込み)や「さくらもち」(170円/税込み)などの生菓子が紹介された。 同店に代々伝わる秘伝の書があると聞いた藤吉さんは、そちらも見せてもらう事に。その書の正体は、創業当時から伝えられてきた和菓子雛形帳(和菓子の商品カタログ)だった。書に掲載されている当時の菓子を再現したメニューがあるとの事で、今回特別に出して頂いた。それが中に黒のこし餡が入っている練り切りの「江戸菊」だ。早速頂いた藤吉さんは、「雅な味がします。なめらかですね~!」とコメントしていた。なお「江戸菊」は通常秋限定で販売しているそう。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。(外部リンク...続く【記事全文を読む】


記事検索(スペース区切りで複数ワード検索ができます)


提供: ニュース提供に関するお問い合わせ⇒こちら