保存容量UP!フォルダごと選択して簡単送信できる専用ツールも!宅ふぁいる便ビジネスプラス(有料版)
宅ふぁいる便 > 連載企画TOP > ぐるなび
このエントリーをはてなブックマークに追加
3月16日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、五街道の1つである中山道を歩きながら、今昔の美味いモノを巡る旅の中で、藤吉久美子さんが「鶴すし」(東京都豊島区)を訪れた。同店は地下鉄都営三田線巣鴨駅から徒歩1分ほどにある和風創作料理のお店だ。 藤吉久美子さんが注文した「特製・焼ばらちらし」は、15種類以上の具材を使ったちらし寿司。大トロやサーモンハラスなどは炙って余分な脂を落とし、うになどは炙る事で香ばしさを出している。甘味のあるボリビアの岩塩を掛けて頂く一品で、直前にカボスを搾ると爽やかな風味がプラス出来る。 具をたっぷりと乗せて大きく一口頂くと、「あっ、塩とカボスがいいですね。ほんとに炙った香ばしい香りが不思議。こんなにさっぱり。へぇ~、これは美味しい。焼いてて大正解ですね」と絶賛。「大トロが、焼くから塩で食べられる。これは絶妙なバランスですね。またこのプチプチっていうのがいいですね。トビコのね。うにもすごい美味しいです。いいですね」とコメントすると、店主は「北海道産のうにを使っています」と答えた。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しており...続く【記事全文を読む】



記事検索(スペース区切りで複数ワード検索ができます)


提供: ニュース提供に関するお問い合わせ⇒こちら